Yves Saint Laurent / Radiant Touch Blur Primer – Pink & Blue

 

春の可愛らしいコスメは、やっぱり心が躍りますね。この時期はいつも浮かれて課金しがち。

イヴ・サンローランのラディアント タッチ ブラープライマー、ピンクとブルーを購入しました。

オレンジ、ピンク、ブルーの全3色展開で、すべて限定色となります。

 

画像引用:FASHION PRESS

オレンジ:健康的な肌色へ(標準~暗めの肌色の方に)
ピンク:血色感アップ(明るめ~標準の肌色の方に)
ブルー:黄くすみ改善・透明感アップ(全ての肌色に)

 

スポンサーリンク



– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

ラディアント タッチ ブラープライマーは定番のクリアタイプも愛用しているんですが、毛穴の凹凸や肌のキメをぼかしてくれて、お人形みたいな質感のするんとした肌に仕上がります。見た目も手触りもすべすべになる。塗る美肌アプリって感じです。

美容オイル配合との事で(実際その効果が如何ほどのものかは分かりませんが)、乾燥や肌疲れ、毛穴詰まりもなく、むしろちょっぴりお肌が敏感な時でも刺激なく使える気がします。

 

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

今回発売された限定色は、従来のラディアント タッチ ブラープライマーに、オレンジ、ピンク、ブルーのコントロールカラー要素が加わった商品です。

 

 

ピンクは塗った途端に顔色がぱあっと明るくなって、程よく血色感のあるお肌に仕上がります。ピンク感が割と主張するので塗りすぎには注意が必要ですが、肌の赤みが悪目立ちするような色ではないので、もともと肌に赤みがある私でも抵抗感なく使えました。時間経過でくすむ事もなかった!

 

 

ブルーは肌の黄色さを抑えて自然にトーンアップさせてくれます。ブルー系の下地って、謳い文句でありがちな「透明感」とか「ブライトアップ」の範疇を超えるくらい白く感じる仕上がりの商品が多い気がするんですが、ラディアント タッチ ブラープライマーのブルーは不自然な白さが全くなくて、標準色の肌色の私でも問題なく使えました。

以前ブログで「オリーブグレーっぽいトーンのファンデーションを塗ったら、肌の赤みが消えて、顔と首の色差がなくなって感動した!」(記事:ILLAMASQUA – SKIN BASE FOUNDATION)っていう話をしたんですが、このブルーを仕込んでファンデーションを塗ると、ほんのりオリーブグレー寄りの肌色になります。手持ちのファンデーションの黄色っぽさを打ち消してくれるおかげで自分の理想とする肌色に近づけることが出来るので、大変重宝しています。

 

スポンサーリンク



– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

「ピンクもブルーも可愛いけど、混ぜたらもしかしてもっと可愛いのでは?」と思いつきで混ぜてみたら、更に可愛いパープルが爆誕した。欲張ってピンクもブルーも買ってよかった。

パープルは光を集めて自然に肌色を明るく見せてくれるような仕上がり。

 

 

ちなみに塗り伸ばしてみるとこんな感じです。

顔面に塗った時は更に透け感が出るので、本当にニュアンス程度の発色です。

 

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

以上、イヴ・サンローラン ラディアント タッチ ブラープライマーのピンクとブルーがとにかく可愛いよっていうお話でした。